バリスタのつぶやき
    1. TOP
    2. >
    3. BLOG
    4. >
    5. インドネシア人は、食べることよりも繋がることが好き??

    ブログ

    皆さん、こんにちは。

    11月から入社させていただいております、インドネシア出身のアメリアです。

    これからたくさん東南アジアや世界のTech情報を紹介したいと思います。

    まず、今日はインドネシアのソーシャルメディアの状況についてです。

    現在のインドネシアでは7,460万人のインターネットユーザーがおり、去年より

    22%増加しました。

    2015年には1億人を超えると予想されています。

    2012年のMarkPlusの調査によると、インドネシアのNetizen (1日に3時間以上

    インターネットをする人)のメインの支出は携帯電話代とインターネット代です。

    食費よりも多くのお金を費やしています。

    *sms:Short Messaging Service. インドネシアで主に使われているメールサービスです。

    下のグラフを見ると、他の国と比べてもインドネシア人のソーシャルメディア

    利用率が高いのが分かります。


    インドネシア人がソーシャルメディアを好きな理由

    1.インドネシアでは若者のほうが多い→ですのチャットが好きが多い。

    2.集産主義の文化→他人に何が起こっているか気にしている。シェアするのが好き。

    3.民主主義国→特に、政府と社会にとても関心が強い。したがって、ソーシャルメディアは

     意見をだす場としてちょうどど良い。

    4.無料WiFiが充実→町中のカフェやレストランで、無料で使えます。

    私はインドネシア人として、このレポートに強く同意です。

    私も、ソーシャルメディアがない生活を考えられないですから(笑)。

    ではまた。

    このページのトップへ戻る