バリスタのつぶやき

    バリスタについて

    事業内容

    バリスタの事業内容についてご紹介します。
    企業のデジタルマーケティングを共に考え、実現していくベストパートナー。

    デジタルマーケティング事業
    サイトをただ作るだけで、“モノ”が売れた時代は終わりました。
    現在、サイト運営でもっとも望まれていることは、いかに効率良く売上を伸ばしていくかの支援です。弊社では、デジタル領域において、何よりもクライアント様の売上、もっというと利益を伸ばすための出稿プランニングから、実行、改善フォローをさせて頂くことを強みとさせていただいております。
    スマートフォンアプリ事業
    急速に利用者数を伸ばしている、スマートフォン領域において、iPhoneアプリやAndroidアプリをはじめとするスマートフォン向けアプリケーション、コンテンツの企画・運営・配信事業を行っております。

    ご提供サービスモデル

    サイトで効率よく売上・効果を上げていくためには、ユーザーの消費行動におけるプロセス毎に適した方法・手段でコミュニケーションを実施していくことが重要です。「ビジネスコンサルティング」から、「集客プロモーション」、「サイト構築・運用ソリューション」、「CRM」、「ログデータの解析・改善(PDCA)」まで、デジタルマーケティング全フェーズにわたり、ご支援をいたします。

    基本戦略

    インターネットへの深い知見による先進的サービスを提供することと、より効果を挙げるための改善手法を蓄積していくことにより、成長していくことを基本戦略としています。その中で重要となるキーワードは、「リアルとネットの融合化」と、「サービスのデジタル化」の2つです。

    市場ニーズとバリスタ の対応戦略

    現在のインターネットサービスは、リアルサービスで提供不可能とされた、時間、場所に制約を受けないサービスが次々と創出され、活発化しております。一方、物理的制約、消費行動のシーンにより、リアルでのサービスが不可欠なものもあるかと思います、そのようなサービスが、今後の通信インフラのさらなる整備、テクノロジーの進化によって、「リアルとネットの融合化(O2O:Online to Offline)」のビジネス機会が高まっております。
    特に昨今のインターネット技術の進化と、通信端末の高機能化、通信量の増大により、PC、携帯電話、スマートフォン等での新たなる利用が注目されています。

    「サービスのデジタル化」については、通信インフラ環境の飛躍的な進化により、SaaSやクラウドコンピューティングに代表されるように、ソフトウエアやコンテンツをはじめ、ハードウエアや通信インフラまでがサービス化することが予測されています。

    この「リアルとネットの融合化」と「サービスのデジタル化」を確実にとらえていくことが、クライアント様にとって大きなメリットとなります。
    「リアルとバーチャルの融合化」は、エンドユーザの消費行動をさらに喚起するものとし、売り上げの増加に直結し、「サービスのデジタル化」は収益性の上昇やストック型ビジネスの拡大を通して、経営の安定につながるからです。

    バリスタでは、これらのデジタル情報革命に対応できるだけの、インターネットに関する深い知見を備えていること、それをさらに改善していく改善手法、ケースに応じたプロモーション手法の蓄積が優位に働くと考えています。

    このページのトップへ戻る

    バリスタについて

    • バナー